Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

Target Plus 初期設定1(フォルダ、印)

最初に起動させると、以下の画面が立ちあがります。

32

まず「フォルダ設定」を行ないます。「フォルダ設定」ボタンを押下すると
以下の画面に遷移します。

TargetPlusフォルダ設定画面

まず一番最初に、「Target Frontier JV」がインストールされているフォルダを設定します。
通常は「C:\TFJV」ですので、そのフォルダを設定してください。
フォルダの設定方法は、画面上にある「設定」ボタンを押下すると、
「フォルダーの参照」画面がポップアップされますので、そこでフォルダを選択してください。

次にJRDBのユーザーID、ならびにパスワードを入力してください。
最後に、確認で「接続テスト」ボタンを押下してください。
正しく設定されていると、「接続成功!」と表示されます。
正しく設定されていない場合、「接続失敗・・・」と表示されますので、修正してください。

以上の設定が終わりましたら、最後に「保存して終了」ボタンを押下して
この設定画面を終了してください。

 

つぎに「印の設定」を行ないます。「印の設定」ボタンを押下すると以下の画面に遷移します。

Target Plus 印の設定画面

ここでは、Target Frontier JVの「印2」~「印8」に出力する印の種類を選択します。
もし、何も出力したくない場合は「印なし」を選択してください。
また、印を出力させたい場合は、「印出力を有効にする」にチェックしてください。

印として出力できるJRDBのコンテンツは以下の通りになります。
1.総合印
2.IDM印
3.情報印
4.騎手印
5.厩舎印
6.調教印
7.激走印
8.展開印
9.展開マーク印
10.万券印
11.調教矢印
12.厩舎評価
13.調教量評価
14.仕上変化
15.後3F位置番手
16.後3F位置
17.後3F番手
18.ゴール位置番手
19.ゴール位置
20.ゴール番手
21.外厩印

後3F位置番手とは、後3F地点での最内、内、中、外、大外を半角英字のA~Eとして出力、番手を半角数字として出力します。
内1番手なら「B1」、外2番手なら「D2」と表記する。なお9番手以降はすべて「9」とします。

後3F位置とは、後3F地点での最内、内、中、外、大外を「最」「内」「中」「外」「大」の漢字1字で表記し出力します。

後3F番手とは、後3F地点での位置取りでの順位を半角数字(前詰め)で「1 」から順に数字で出力します。

ゴール位置番手、ゴール位置、ゴール番手は上記「後3F」同様、ゴール地点での「位置番手」、「位置」、「番手」となります。

外厩印とは、帰厩直後のレース時に外厩先を全角1字(半角2字)で表記し出力します。

 

「印2」~「印8」まで設定が完了したら、「保存して終了」ボタンを押下して終了してください。

 

283cksをフォローする
データ競馬主義