Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

2018年日本ダービーを考える -1-

今年のダービーについて考えよう!ということで私なりのまとめ。

まずはTargetFrontierで調べた、過去10年の日本ダービー連対馬一覧

そして今年の特別登録馬

皐月賞出走馬は走破タイムが勝ち馬から0.5秒以内(6着以内)。青葉賞・京都新聞杯からは勝ち馬。

また前走の上がりタイム上位馬(5位以内)

これらの条件該当馬が、エポカドーロ、ゴーフォザサミット、サンリヴァル、ステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルの6頭である。

エポカドーロ(皐月賞馬)鞍上戸崎圭太

特徴:先行馬(ずっと5番手以内の競馬)
過去に似たタイプ:ディープブリランテ

ゴーフォザサミット(青葉賞馬)鞍上蛯名正義

過去10年で連対した青葉賞馬:フェノーメノ、ウインバリアシオン
2頭の共通点:新馬、500万(2歳オープン)ともに3角4角5番手以内で勝利している。
また青葉賞勝ちの時は上がり3F1位である。

ゴーフォザサミット:未勝利勝ちが道中番手7-8-6-7、500万が道中番手3-3-3。
青葉賞勝ちの時は上がり3F2位である。

サンリヴァル(皐月賞2着馬)鞍上浜中俊(前走藤岡佑介)

前走からの乗り替わりで過去10年連対した馬:サトノラーゼン、ローズキングダム
ともに2着。勝っていない。

ステルヴィオ(皐月賞4着馬上がり1位)鞍上ルメール

キタノコマンドール(皐月賞5着馬上がり1位)鞍上デムーロ

特徴:過去走すべて上がり3F3位以内(2位以内)
過去10年連対した馬でダービー前まですべて上がり3F3位以内だった
馬:レイデオロ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ドゥラメンテ、キズナ

グレイル(皐月賞6着馬上がり1位)鞍上岩田康誠

特徴:新馬、2歳オープンは3角4角5番手以内で勝利。4戦中3戦上がり3F1位。

分析
283cksをフォローする
データ競馬主義

コメント