Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

2018年日本ダービーを考える ‐3‐

ここでは、通常のローテーションじゃなかった
有力馬の1頭について考えていきます。

ブラストワンピース

毎日杯の勝ち馬である。

私が気になってること。

大竹厩舎の外厩(ノーザンファーム天栄)調整

まずは大竹厩舎の外厩使用成績である。

外厩 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
外厩帰初戦 107- 82- 67- 857/1113 9.6% 17.0% 23.0% 67 64
2戦目以降 61- 49- 58- 493/ 661 9.2% 16.6% 25.4% 75 68
天栄全て 39- 18- 17- 199/ 273 14.3% 20.9% 27.1% 80 67
天栄初戦 33- 10- 13- 134/ 190 17.4% 22.6% 29.5% 95 66
天栄2戦目 6- 8- 4- 65/ 83 7.2% 16.9% 21.7% 45 70

全般には外厩調整よりも2戦目以降のが成績はいいが、天栄帰りは初戦のほうがいい。
(今回もノーザンファーム天栄帰りである

つぎに天栄帰りの成績についてみていこう。距離別成績である。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1000m~1300m 5- 1- 2- 16/ 24 20.8% 25.0% 33.3% 100 68
1400m~1600m 10- 4- 5- 40/ 59 16.9% 23.7% 32.2% 102 90
1700m~2000m 14- 3- 4- 50/ 71 19.7% 23.9% 29.6% 112 58
2100m~2400m 4- 1- 0- 22/ 27 14.8% 18.5% 18.5% 61 31
2500m~ 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3% 0 68

一見悪そうに見えるが、これを芝のみにした場合、以下のようになる。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1000m~1300m 3- 1- 2-10/16 18.8% 25.0% 37.5% 96 77
1400m~1600m 4- 4- 3-24/35 11.4% 22.9% 31.4% 64 98
1700m~2000m 11- 2- 1-27/41 26.8% 31.7% 34.1% 154 65
2100m~2400m 4- 1- 0-15/20 20.0% 25.0% 25.0% 83 42
2500m~ 0- 1- 2- 6/ 9 0.0% 11.1% 33.3% 0 68

大竹厩舎の場合、ルージュバックがいい例になるであろう。
(ルージュバックは3歳時の有馬記念以外すべて天栄調整である。

と思って、牡馬セン馬のみをさらに抽出すると、こうなる。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1000m~1300m 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1400m~1600m 1- 0- 2- 7/10 10.0% 10.0% 30.0% 18 73
1700m~2000m 2- 0- 1-10/13 15.4% 15.4% 23.1% 70 38
2100m~2400m 2- 0- 0-11/13 15.4% 15.4% 15.4% 56 22
2500m~ 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 96

ただこれまで重賞級の牡馬セン馬がいなかったともいえるので、
これが歴史を作っていく可能性もある。

大竹厩舎の芝戦線の牡馬といえば、グレーターロンドンがいる(外厩先は違う)。
この馬も外厩からの帰厩初戦は3-1-0-0と連対率100%である。

外厩からの帰厩日からみた、調整期間

ブラストワンピースのこれまでの外厩成績をみてみる

競走年月日 馬名 入厩年月日 入厩何走前 入厩日数 放牧先
2017/11/19 ブラストワンピース 2017/10/20 1 30 ノーザンファーム空港
2018/02/04 ブラストワンピース 2018/01/11 1 24 ノーザンファーム天栄(旧天栄ホースパーク
2018/03/24 ブラストワンピース 2018/03/03 1 21 ノーザンファーム天栄(旧天栄ホースパーク
2018/05/27 ブラストワンピース 2018/05/03 1 24 ノーザンファーム天栄(旧天栄ホースパーク

今回は入厩日数、放牧先をみるとゆりかもめ賞の時と同じである。
昨年度の勝ち馬レイデオロも全く同じ入厩日数・放牧先であったことを記しておく。

出走何週前 勝率 連対率 複勝率
1 11.1 33.3 33.3
2 10.8 12.3 18.5
3 20 25 30
4 10.5 26.3 42.1
5 31.6 31.6 42.1
6 30.8 30.8 30.8
7 0 0 33.3
8 0 50 50
10 100 100 100

つぎに記したのが、大竹厩舎、ノーザンファーム天栄帰りの馬が何週前に帰ってきたときに
成績がいいのかを示したものである。
ブラストワンピースは過去2走とも3週前に帰厩しているが、
それをほかの馬たち含めてみても、勝率20%、複勝率30%となる。

分析
283cksをフォローする
データ競馬主義

コメント