Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

ストライド競馬新聞無料対象レースを攻略しよう(2018年11月17日)

こん・・は。

本日のJRAのレースを予想します。
予想ツールはストライド競馬新聞です。
無料対象レースとは無料の会員登録をするだけで、
そのレースのストライド競馬新聞が提供するコンテンツすべて見られる
というお得すぎるサービスです。
詳しくは、ストライド競馬新聞のサイトをご覧ください。

ストライド競馬新聞【競馬新聞・前日&直前の展開予想図】
週末の競馬はストライド競馬新聞と展開予想で乗り切れ!

今回はそれを予想していきましょう。ただし新馬戦は除きます。
ストライド競馬新聞の安井代表にはこの記事のことは言ってあります。

東京3レース

印欄の上にある
「TC」は、「追走力40未満で、瞬発力56未満の馬」か
「瞬発力51未満で、追走力58未満の馬」に該当する出走馬に「消」マークをつけています。
「TJ」は、「持続力54未満の馬」に該当する出走馬に「消」マークをつけています。

芝レースにおける、追走力と瞬発力の関係(長文)(2018年11月16日更新)
(2018年11月16日更新) ・境目の見直しをしました。少し緩くなりました...
芝レースにおける、先行力・持久力・持続力(2018年11月16日更新)
(2018年11月16日更新)・持続力の境目の見直しをしました。先日はこ...

ここから「消」マークのついていない出走馬を軸候補に進めていきたいと思います。
出走馬のストライド競馬新聞から分析すると、
出馬表の馬番の横の「○」は、本命候補の4頭。「△」は完全に消すまでにはいかない馬4頭
となりました。
難解な未勝利戦です。

2歳未勝利戦の芝レースデータ(2018年3月10日から11月11日)をみていく。
まずは、ストライド競馬新聞におけるスピード指数の役割を果たす
ストライド指数の順位で調べたら以下のようになりました。

指数順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1位 45- 24- 23- 64/ 156 28.8% 44.2% 59.0% 88 85
2位 28- 28- 23- 73/ 152 18.4% 36.8% 52.0% 67 89
3位 21- 22- 18- 69/ 130 16.2% 33.1% 46.9% 98 79
4位 12- 31- 15- 87/ 145 8.3% 29.7% 40.0% 60 74
5位 10- 13- 14- 101/ 138 7.2% 16.7% 26.8% 46 70
6位 5- 4- 12- 107/ 128 3.9% 7.0% 16.4% 151 70
7位以下 17- 17- 32- 720/ 786 2.2% 4.3% 8.4% 74 68

チェサピークベイ 1位タイ、ブラックワンダー 5位、サトノジェネシス 3位、 ピカブー 8位 → 減点:ピカブー
△(消すまでにはいかない馬)から加点できる馬 → シックガニアン(4位)、ポイントオブオナー(1位タイ)

次にストライド競馬新聞の売りである、展開をあらわした
ストライド前日展開の展開ゴール差というもの。
これは前日展開予想における1位がゴールした時のその馬と1位馬との差をあらわします。
もちろん1位の馬はゴール差がゼロ。ゴール差が小さいほど順位が上になります。

ST前日展開差範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
0 41- 25- 20- 61/ 147 27.9% 44.9% 58.5%
1~ 5 23- 30- 11- 62/ 126 18.3% 42.1% 50.8%
6~ 10 30- 32- 35- 151/ 248 12.1% 25.0% 39.1%
11~ 15 22- 21- 22- 166/ 231 9.5% 18.6% 28.1%
16~ 20 12- 13- 21- 200/ 246 4.9% 10.2% 18.7%
21~ 25 6- 12- 13- 191/ 222 2.7% 8.1% 14.0%
26~ 30 2- 1- 9- 163/ 175 1.1% 1.7% 6.9%
31~ 35 1- 3- 3- 104/ 111 0.9% 3.6% 6.3%
36~ 40 0- 1- 2- 47/ 50 0.0% 2.0% 6.0%
41~ 1- 1- 1- 76/ 79 1.3% 2.5% 3.8%

2歳未勝利芝レースにおいて、展開ゴール差15以内が勝率9.5%と平均勝率より高くなっています。

チェサピークペイ 19、 ブラックワンダー 13、 サトノジェネシス 0、ピカブー 34
→ 加点:サトノジェネシス、 減点:チェサピークペイ、 ピカブー

△(消すまでにはいかない馬)から加点できる馬 → 展開差範囲15以下
→ 加点:ディーイストワール(8)、 ポイントオブオナー(12)

【結論】
◎ サトノジェネシス
○ ブラックワンダー、ポイントオブオナー

福島6レース

印欄の上にある
「DC」は「追走力49未満で、瞬発力60未満の馬」もしくは「瞬発力52未満で、追走力56未満の馬」に
該当する馬に「消」マークをつけています。
また「DS」は「先行力51未満で、持続力54未満の馬」もしくは「持続力48未満で、先行力57未満の馬」に
該当する馬に「消」マークをつけています。

ダートレースにおける、追走力と瞬発力の関係
こん・・は。きょうは、わたしが普段競馬予想ツールとして使用しているストライ...
ダートレースにおける、先行力・持久力・持続力
こん・・は。先日はダートレースにおける追走力と瞬発力をみてきました。...

ここから「消」マークのついていない出走馬を軸候補に進めていきたいと思います。
出走馬のストライド競馬新聞から分析すると、
出馬表の馬番の横の「○」は、本命候補の6頭。

まずはゲキリンの取捨選択。
未勝利、500万、1000万のダート成績を対象とする。

前日展開順位1位馬(ゲキリンが該当)のダート成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
242-174-114-453/983 24.6% 42.3% 53.9% 91 88

このうち福島ダート1150mでの
前日展開順位1位馬のダート成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
8- 5- 3-14/30 26.7% 43.3% 53.3% 116 97

また前日展開順位1位かつ基準オッズ1番人気(ゲキリンが該当)のダート成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
139- 75- 51-114/379 36.7% 56.5% 69.9% 79 86

上記のうち福島ダート1150mでの成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
5- 3- 0- 4/12 41.7% 66.7% 66.7% 87 81

さらにローカル開催時でしぼると

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3- 1- 0- 3/ 7 42.9% 57.1% 57.1% 78 67

前日展開順位1位のうち鞍上が吉田隼人

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3- 5- 2- 5/15 20.0% 53.3% 66.7% 78 122

ゲキリンも10月27日新潟ダ1200mで1番人気2着 → 軸にはまだ疑問符がつきます。

では他の馬(○)をみていきましょう。

1番メガポリゴン ストライド指数64

ダート500万下条件でのST指数

指数範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
60~ 71- 56- 36- 167/ 330 21.5% 38.5% 49.4% 71 89

このうち福島ダ1150m

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2- 2- 1- 5/10 20.0% 40.0% 50.0% 109 120

この上記10回の該当馬の持続力偏差値別

持続偏差値範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
30~ 39 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
40~ 49 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
50~ 59 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
60~ 69 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
70~ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

今回メガポリゴン 持続力46 → 勝っていない。少なくとも持続力60以上必要 → 軸にできない。

3番 ドゥドゥドゥ ST指数45

指数範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
40~ 49 69- 92- 108-1789/2058 3.4% 7.8% 13.1% 67 72

このうち福島ダ1150m

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
2- 5- 5- 71/ 83 2.4% 8.4% 14.5% 23 63

このうち基準単勝オッズ30.0倍以上

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
0- 0- 1-41/42 0.0% 0.0% 2.4% 0 34

ドゥドゥドゥ 基準単勝オッズ 79.1倍 → 2着もない → 軸にできない。

9番 アクアリオ 前日展開順位13位

前日展開順位範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
12位以下 50- 75- 90- 3307/ 3522 1.4% 3.5% 6.1% 55 50

前日展開ゴール差 26

展開ゴール差範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
26~ 30 22- 34- 34- 1154/ 1244 1.8% 4.5% 7.2%
前日展開順位x前日展開ゴール差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
[ 12位以下 ]x[ 26~ 30 ] 13- 13- 13- 721/ 760 1.7% 3.4% 5.1%

勝率1.7% → 軸にはおせない。

さいごに似た2頭をまとめて。

13番 フォーティプリンス ストライド指数 56 仕上指数 56
15番 ライゴッド ストライド指数 51 仕上指数 52

ダート500万下時のストライド指数成績

指数範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
50~ 54 125- 126- 128-1129/1508 8.3% 16.6% 25.1% 79 86
55~ 59 130- 115- 111- 609/ 965 13.5% 25.4% 36.9% 74 77

ダート500万下時の仕上指数成績

指数範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
50~ 54 154- 175- 171-1955/2455 6.3% 13.4% 20.4% 67 75
55~ 59 139- 118- 99- 563/ 919 15.1% 28.0% 38.7% 84 83
ST指数xST仕上 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
[ 55~ 59 ]x[ 55~ 59 ] 48- 45- 31- 154/ 278 17.3% 33.5% 44.6% 74 80
[ 50~ 54 ]x[ 50~ 54 ] 43- 54- 52- 532/ 681 6.3% 14.2% 21.9% 59 76

ここからフォーティプリンス > ライゴッド となりそう(仮定)

フォーティプリンス 追走力43 持続力 61 瞬発力 60
ライゴッド 追走力 56 持続力 59 瞬発力 58

追走力範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
40~ 44 34- 47- 51- 643/ 775 4.4% 10.5% 17.0% 53 78
55~ 59 65- 72- 69- 667/ 873 7.4% 15.7% 23.6% 62 70
持続力偏差値範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
55~ 59 78- 70- 75- 703/ 926 8.4% 16.0% 24.1%
60~ 64 82- 54- 72- 372/ 580 14.1% 23.4% 35.9%

福島ダ1150mにおける持続力偏差値範囲の着度数

持続力偏差値範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
55~ 59 2- 4- 1- 30/ 37 5.4% 16.2% 18.9% 35 55
60~ 64 2- 0- 3- 17/ 22 9.1% 9.1% 22.7% 92 73

福島ダ1150mにおける瞬発力偏差値範囲の着度数

瞬発力偏差値範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
55~ 59 3- 3- 3- 27/ 36 8.3% 16.7% 25.0% 75 63
60~ 64 1- 3- 4- 24/ 32 3.1% 12.5% 25.0% 19 77

500万下、福島ダート1150mにおいて

持続力x瞬発力 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
[ 55~ 59 ]x[ 55~ 59 ] 1- 1- 1- 14/ 17 5.9% 11.8% 17.6% 39 42
[ 60~ 64 ]x[ 60~ 64 ] 0- 0- 2- 9/ 11 0.0% 0.0% 18.2% 0 52

【結論】
◎ ライゴッド
○ ゲキリン

基準オッズが30.8倍の妙味あるライゴッドに。相手はゲキリンで大丈夫ですが、
ゲキリンの単勝は買いづらいですね。勝ってもおかしくないですが。

東京9レース

まずは基準オッズ1番人気のゴライアスの取捨選択。

データは1000万下のダートレースでみてみました。

瞬発力70以上(ゴライアスが該当)でのダート成績

瞬発力範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
70~ 4- 4- 3- 21/ 32 12.5% 25.0% 34.4% 35 51
前日展開順範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1位 3- 1- 1- 5/10 30.0% 40.0% 50.0%
2位以下 1- 3- 2-16/22 4.5% 18.2% 27.3%

ゴライアスは前日展開順位1位。

前日展開順位1位のデータで先行力偏差値をみてみた。

先行力偏差値範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
~ 49 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
50~ 3- 0- 1- 1/ 5 60.0% 60.0% 80.0%

ゴライアスは先行力偏差値59 → 軸で問題ない。

つぎに相手探しを。
相手は「消し」材料にならなかった
エムオーグリッタ、エルデュクラージュ、レッドゼノンから取捨。

ここからは東京ダート2100m(500万下、1000万下)での
ダート成績をみていくこととする。

追走力範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
30~ 39 1- 0- 0- 16/ 17 5.9% 5.9% 5.9%
40~ 49 3- 5- 3- 51/ 62 4.8% 12.9% 17.7%
50~ 59 4- 3- 6- 50/ 63 6.3% 11.1% 20.6%
60~ 69 3- 4- 3- 18/ 28 10.7% 25.0% 35.7%
70~ 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0%

エムオーグリッタ 53、エルデュクラージュ 61、レッドゼノン 65 → 減点:エムオー

瞬発力範囲 着別度数 勝率 連対率 複勝率
30~ 39 1- 1- 2- 21/ 25 4.0% 8.0% 16.0%
40~ 49 1- 2- 1- 45/ 49 2.0% 6.1% 8.2%
50~ 59 7- 5- 4- 52/ 68 10.3% 17.6% 23.5%
60~ 69 2- 4- 5- 18/ 29 6.9% 20.7% 37.9%
70~ 2- 1- 1- 0/ 4 50.0% 75.0% 100.0%

瞬発力70以上の成績が2-1-1-0 から ゴライアス は 盤上。

エムオーグリッタ 65、エルデュクラージュ 44、レッドゼノン 51 → 減点: エルデュ

【結論】
◎ ゴライアス
○ レッドゼノン

ここはゴライアスが堅い。相手はレッドゼノンで。
エルデュクラージュは先行力あるムーア騎手だけに怖いことは怖いですが。

参考になればさいわいです。

それでは。

予想
283cksをフォローする
データ競馬主義

コメント