Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

未勝利戦の東京ダートコースでのラップバランス

引き続きラップキャラを深堀りしていこうというもの。

ラップバランスは、以前出版された書籍「ラップキャラ」に基づくもので

私の場合、5×5の25通りのパターンではなく、「ラップ幅」のみで

分けてみていきます。ラップバランスと言い換えています。

今回はダートレースでの未勝利戦のラップバランスを

主要コース別にみていきます。

データ

今回は2014年から2018年のレースデータを基に算出しております。

ダート1300m

2歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 底力 9 60.0
2 持続力 4 26.7
3 スタミナ 2 13.3

3歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 底力 22 36.1
2 スタミナ 21 34.4
3 持続力 15 24.6
4 バランス 3 4.9

ダート1400m

2歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 スタミナ 20 38.5
2 底力 17 32.7
3 持続力 12 23.1
4 バランス 3 5.8

3歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 スタミナ 59 50.0
2 底力 43 36.4
3 持続力 11 9.3
4 バランス 4 3.4
5 瞬発 1 0.8

ダート1600m

2歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 スタミナ 22 38.6
2 底力 20 35.1
3 持続力 13 22.8
4 バランス 2 3.5

3歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 スタミナ 56 38.9
2 底力 53 36.8
3 持続力 21 14.6
4 バランス 10 6.9
5 瞬発 4 2.8

ダート2100m

3歳未勝利

順位 ラップバランス レース数 割合
1 持続力 29 48.3
2 バランス 15 25.0
3 底力 9 15.0
4 瞬発 7 11.7

私論

ダート1300mにおいては底力レースになりやすい。
3歳未勝利になると、スタミナ側に振れたり持続力側に振れたりしている。

ダート1400mにおいてはスタミナレースと底力レースで占められている。
持続力レースになることもあるが、上記2レースと考えてよさそうである。

ダート1600mにおいてはスタミナレースと底力レースで占められているが、
持続力レースの割合も1400m戦より増え、バランス瞬発寄りにもなったりしている。
このことはアタマにとどめておきたい。

ダート2100mは3歳未勝利戦。これまで多くを占めていたスタミナレースになったことはなく
持続力レース・バランスレースになっていることは覚えておきたいところである。

コメント