Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

外厩成績-2019年前半-

ということで2019年前半の外厩成績を調べてみました。

あくまでざっくりです。参考になれば、、、残しておきます。

データ

2019年1月5日から2019年6月23日までのJRAの平地レース

概算

 

馬場 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
744- 740- 745- 7706/ 9935 7.50% 14.90% 22.40% 74 74
芝(外厩調整) 402- 422- 402-4170/5396 7.40% 15.30% 22.70% 75 78
ダート 876- 876- 873-10037/12662 6.90% 13.80% 20.70% 73 71
ダ(外厩調整) 376- 351- 366-4902/5995 6.30% 12.10% 18.20% 78 69

芝レースの勝ち馬のべ744勝中402勝が外厩調整された直後に勝利する。
半分以上がそうである。

ダートレースも876勝中376勝が外厩調整された直後に勝利している。
実に42%もの数字である。

芝レース

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファームしがらき 100 90 81 468 739 13.5 25.7 36.7 93 85
ノーザンファーム天栄 63 56 61 320 500 12.6 23.8 36.0 60 82
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 39 31 37 268 375 10.4 18.7 28.5 92 111
社台ファーム山元トレーニングセンター 33 32 24 235 324 10.2 20.1 27.5 99 72
宇治田原優駿ステーブル 22 27 28 289 366 6.0 13.4 21.0 96 104
吉澤ステーブルWEST 20 24 26 199 269 7.4 16.4 26.0 66 79
阿見トレーニングセンター 11 9 9 116 145 7.6 13.8 20.0 43 74

上の数字は期間中に10勝以上あげている外厩先をあげたものである。

外厩のイメージといえば、真っ先に「ノーザンファーム天栄」が思いつきますが、
今年の成績でみれば「ノーザンファームしがらき」が芝レースでは圧倒している。
期間中100勝。外厩調整された馬の芝レースでの勝利数402勝のほぼ25%が
いわゆる「しがらき」調整馬である。
また上位7つの外厩で288勝と外厩調整馬の勝利のうちの70%超と独占している。
まずはこの7つを覚えておくことにしましょう。

芝レース(オープン以上)

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファームしがらき 25 24 14 121 184 13.6 26.6 34.2 102 89
ノーザンファーム天栄 12 12 12 79 115 10.4 20.9 31.3 101 69
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 4 6 10 32 52 7.7 19.2 38.5 47 178
宇治田原優駿ステーブル 4 2 3 28 37 10.8 16.2 24.3 351 180
吉澤ステーブルWEST 2 6 3 26 37 5.4 21.6 29.7 37 85
社台ファーム山元トレーニングセンター 2 3 1 23 29 6.9 17.2 20.7 30 32
KSトレーニングセンター 2 2 1 12 17 11.8 23.5 29.4 218 118
ミッドウェイファーム 2 0 0 5 7 28.6 28.6 28.6 148 54

オープン以上ではほぼ「しがらき」と「天栄」の2強である。
オープン以上のべ93勝中、37勝と3分の1以上が
この2つの外厩先からの帰厩初戦馬が占めている。

芝レース(2勝クラス、3勝クラス)

のべ165勝中82勝が外厩帰厩後初戦の馬である。

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファームしがらき 30 23 24 98 175 17.1 30.3 44.0 107 105
ノーザンファーム天栄 14 11 11 74 110 12.7 22.7 32.7 52 71
社台ファーム山元トレーニングセンター 6 7 2 45 60 10.0 21.7 25.0 92 54

上は5勝以上あげている外厩先一覧です。

ここも「しがらき」「天栄」の2強があがる。あとは「山元トレセン」。
82勝中50勝がこの3つの外厩帰厩後初戦の馬である。

芝レース(新馬、未勝利、1勝クラス)

のべ486勝中260勝と半分以上が外厩調整馬である。
ただし、これには「新馬戦」も含まれているので注意が必要である。

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
ノーザンファームしがらき 45 43 43 249 380 11.8 23.2 34.5 82 73
ノーザンファーム天栄 37 33 38 167 275 13.5 25.5 39.3 46 92
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 32 20 22 194 268 11.9 19.4 27.6 108 104
社台ファーム山元トレーニングセンター 25 22 21 167 235 10.6 20.0 28.9 110 81
宇治田原優駿ステーブル 17 21 18 212 268 6.3 14.2 20.9 65 102
吉澤ステーブルWEST 15 14 18 141 188 8.0 15.4 25.0 65 80
阿見トレーニングセンター 8 7 7 93 115 7.0 13.0 19.1 32 65
松風馬事センター 7 8 2 137 154 4.5 9.7 11.0 33 31
KSトレーニングセンター 7 5 5 163 180 3.9 6.7 9.4 33 72

上は5勝以上あげている外厩先一覧です。

ここでは「しがらき」「天栄」という2強のほかにも出てきます。

ただよく見ると、「グリーンウッド」は39勝中32勝がこの下級条件であげた成績、
「宇治田原」も22勝中17勝がこの下級条件で上げたものである。

ダートレース

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
吉澤ステーブルWEST 40 18 38 264 360 11.1 16.1 26.7 170 106
社台ファーム山元トレーニングセンター 33 18 27 210 288 11.5 17.7 27.1 102 90
宇治田原優駿ステーブル 28 25 22 385 460 6.1 11.5 16.3 113 93
ノーザンファームしがらき 26 38 21 237 322 8.1 19.9 26.4 44 58
ノーザンファーム天栄 25 20 20 164 229 10.9 19.7 28.4 91 71
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 24 28 24 233 309 7.8 16.8 24.6 85 77
KSトレーニングセンター 21 17 21 306 365 5.8 10.4 16.2 69 62
ヒイラギステーブル(awaji) 18 13 6 121 158 11.4 19.6 23.4 71 79
松風馬事センター 17 24 20 277 338 5.0 12.1 18.0 50 64
ブルーステーブル 15 14 10 98 137 10.9 21.2 28.5 100 91
阿見トレーニングセンター 14 12 15 168 209 6.7 12.4 19.6 73 74
大山ヒルズ 10 9 10 107 136 7.4 14.0 21.3 79 99

上の数字は期間中に10勝以上あげている外厩先をあげたものである。

こちらは芝レースと違い、上位でもどんぐりの背比べ状態である。
上位12の外厩先で271勝と外厩調整馬の勝利のうちの70%超と独占している。
12の外厩先は覚えておいてもよい。

さすがに多いですが、単勝回収値が100を超えている上位3つは確実に
覚えておきたい、ダートレースにおける外厩先と言えよう。

ダートレース(オープン以上)

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
吉澤ステーブルWEST 5 2 5 19 31 16.1 22.6 38.7 125 128
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 2 2 2 21 27 7.4 14.8 22.2 44 152
大山ヒルズ 2 1 0 8 11 18.2 27.3 27.3 80 72
ブルーステーブル 2 1 0 6 9 22.2 33.3 33.3 87 51

上記は2勝以上あげている外厩先である。

いままで成績上位であげてきた「しがらき」「天栄」が名を連ねていません。
ダートレースのオープン以上での信頼度は下げたほうがいいのかなあ。。。
ダートレースのオープン以上のべ34勝中、上記4つの外厩で11勝占めています。

ダートレース(2勝クラス、3勝クラス)

144勝中68勝が外厩調整された馬があげたものである。

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
吉澤ステーブルWEST 9 4 6 48 67 13.4 19.4 28.4 146 93
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 7 8 7 51 73 9.6 20.5 30.1 74 63
ノーザンファームしがらき 6 9 6 59 80 7.5 18.8 26.3 58 60
宇治田原優駿ステーブル 6 8 1 64 79 7.6 17.7 19.0 163 71
ヒイラギステーブル(awaji) 6 1 0 27 34 17.6 20.6 20.6 107 42
社台ファーム山元トレーニングセンター 5 6 7 53 71 7.0 15.5 25.4 103 95

5勝以上あげているのが上記6つの外厩先である。

成績もいいし、6つのうち4つの外厩先の成績で単勝回収値が100を超えている。

ダートレース(新馬、未勝利、1勝クラス)

この条件クラスのべ698勝のうち288勝が外厩調整馬によるものである。
5勝以上あげている外厩先は下の通りである。
数が多いので特筆すべきことはありませんが、参考に一覧としておきます。

 

外厩 1着数 2着数 3着数 着外数 出走数 単勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
社台ファーム山元トレーニングセンター 27 12 18 148 205 13.2 19.0 27.8 106 91
吉澤ステーブルWEST 26 12 27 197 262 9.9 14.5 24.8 181 107
宇治田原優駿ステーブル 21 16 20 299 356 5.9 10.4 16.0 108 99
ノーザンファーム天栄 21 15 16 119 171 12.3 21.1 30.4 102 77
KSトレーニングセンター 20 14 18 278 330 6.1 10.3 15.8 74 64
ノーザンファームしがらき 19 26 14 150 209 9.1 21.5 28.2 45 61
松風馬事センター 15 19 15 232 281 5.3 12.1 17.4 56 63
グリーンウッド・トレーニング甲南馬事公苑 15 18 15 161 209 7.2 15.8 23.0 94 73
ヒイラギステーブル(awaji) 11 12 6 88 117 9.4 19.7 24.8 63 93
ブルーステーブル 11 11 7 69 98 11.2 22.4 29.6 104 97
阿見トレーニングセンター 11 10 14 140 175 6.3 12.0 20.0 75 75
大山ヒルズ 6 7 8 75 96 6.3 13.5 21.9 91 107
西山牧場阿見分場 6 2 7 100 115 5.2 7.0 13.0 153 63
三重ホーストレーニングセンター 6 1 3 37 47 12.8 14.9 21.3 50 46
信楽牧場 5 6 4 73 88 5.7 12.5 17.0 110 63
山岡トレセン 5 0 3 33 41 12.2 12.2 19.5 376 136
ケイアイファーム千葉 5 0 0 22 27 18.5 18.5 18.5 112 41

まとめ

  • 芝レースではほぼノーザンファームの外厩先2つ「しがらき」「天栄」が独占しているといっていい。
  • 芝レース1勝クラスまでの下級条件下ではその他の外厩先もケアする必要がある。
  • ダートレースではまず「吉澤ステーブルWEST」つぎに「グリーンウッド」がきて、あとは「しがらき」「宇治田原」「ヒイラギ」「山元トレセン」。この6つを把握しておけばいいのではないかと思います。ただダートはどんぐり状態。

秋以降の競馬の参考になれば幸いです。

分析
283cksをフォローする
データ競馬主義

コメント