Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

TargetPlus Ver3.3.0.0 の初期設定

こん・・は。

今回は、私がJRDB会員向けに作成したソフト「TargetPlus」に関する

アプリの初期設定方法を説明します。

もし分からない点が出てきましたら、作成者(Twitterアカウント:@283cks)で

問い合わせるか、JRDBの会員掲示板にてお知らせ願います。

初期設定方法

起動すると次の画面が立ち上がります。

null

まず初めに、「フォルダ設定」を行ないます。

null

まず「TargetFrontierJV」ソフトがインストールされているフォルダを設定します。

通常インストールされている場合は、「C:\TFJV」になります。

もし、それ以外の場合は「設定」ボタンを押し、インストールされているフォルダを

指定してください。

次に、「JRDBのユーザーID」「パスワード」を入力してください。

そして、入力内容が正しいかどうか、「接続テスト」ボタンを押して確認してください。

これでこの画面での設定は完了です。「保存して終了」ボタンを押して終了してください。

つぎに「印の設定」を行ないます。

null

ここでは、Targetの各印(印2~印8)に、JRDBの各種印を出力するかを設定します。

まず、この出力機能を使用する場合、「印出力を有効にする」チェックボックスを

チェックしてください。

次に「印2」から「印8」に、何の印を出力するか設定してください。

もし、ご自分で個人的に使用していて出力したくない場合は、「印なし」を

選択してください。

こちらも設定が完了しましたら、「保存して終了」ボタンで設定内容を保存して

この画面を終了してください。

さいごに「出力ファイルの設定」を行ないます。

null

ここでは各種指数ファイルの出力設定を行ないます。

基準オッズをTargetが読み込めるファイル形式に出力する場合、

「基準オッズを出力する」チェックボックスをチェックしてください。

外厩情報をTargetが読み込めるファイル形式に出力する場合、

「CSV形式で出力する」チェックボックスをチェックしてください。

また各種指数(IDM, 総合指数)などの出力を行なう場合もこちらの画面の

各種タブ画面から、出力したい指数にチェックを入れて設定してください。

設定が完了しましたら、「保存して終了」ボタンで設定内容を保存して

この画面を終了してください。

以上で、初期設定は終了です。

出力(変換)方法

ここでは、普段利用する画面(変換処理方法)について説明します。

起動画面から「印/ファイルの出力」ボタンで、以下の画面を立ち上げます。

null

変換作業を行なう日付の範囲を入力します。

起動時にはすでに、起動した日にちが左側に入っております。

最初に左側の日付(変換するデータの開始日付)をカレンダーボタンで選択してください。

すでに入っている日にちでOKの場合は選択しなくても構いません。

また、起動日の「きのう」「あした」の場合は、下にある「きのう」「あした」ボタンを

押してください。

次に、複数の日付のデータの変換作業を行なう場合、終了日付の入力が必要ですので、

「から」ボタンを押して、終了日付が押せる状態にしてください。

(もし開始日付一日分のデータのみでよければ、終了日付は指定せずに、

「変換処理」ボタンを押して変換処理をおこなってください)

右側の日付(変換するデータの終了日付)を、先ほどと同様に選択入力してください。

最後に「変換処理」ボタンを押すと、指定した日付(範囲)のデータの

変換処理を行ないます。

印ならびに基準オッズに関しては、そのまま使用することができます。

注意事項

長期間データを取り込む場合

数年にわたって、Targetを利用してJRDBのデータを分析したいかたが

多いと思います。その際、データを変換し取り込むには

時間を要します。パソコンの性能・回線環境によっても違ってきます。

ですので、試しに1年なり半年の期間で取り込んで、どれくらいかかるか

目安を測ってから、さらに実際に取り込みたい期間のデータを

取り込まれることをお勧めします。

また、今回から途中の経過を画面下に表示させるようにいたしました。

ただファイル解凍後、次におこなっている最初の処理までは、

取り込み期間によって、時間を要します。止まっているわけではありませんので、

ノンビリお待ちいただければと思います。

通常運用

1日のデータを取り込む際は、変換するデータ数によって違ってきますが、

それほど時間を要することはありません。

その他、困ったとき

アプリを使用していて困ったことがありましたら、コメント欄から

コメント願います。対応させていただきます。

コメント