Target Plusに関しては上のメニューから(PC版のみ)

TargetPlus Ver3.3.0.0 外厩ファイルの導入方法と使い方

導入方法

「TargetPlus」で作成した外厩情報ファイルのTargetでの導入方法を説明します。

説明の仕方を簡略化するため、

TargetFrontierJVがインストールされているフォルダ:「C:\TFJV」

TargetPlusがインストールされているフォルダ:「C:\TargetPlus」

で説明させていただきますので、各自ちがう場合は置き換えてください。

まず「TargetPlus」で作成された外厩情報ファイル(ファイル名がGaikyuListで始まる)

が「C:\TFJV\TPlus」フォルダに作成されます。

それを例えば、Targetの予想コメントに取り込む場合は

Targetを起動後に「メインメニュー」から「ファイルからのコメント等の一括登録」

「予想コメントのインポート」で取り込みます。

取り込み方はTargetの取扱説明書をお読みください。

予想コメントに取り込むと、下記画面のように、予想コメント欄に

外厩情報が表示されます。

なお、書式は「( 1)社台ファーム山元トレーニングセンター」で、

カッコ内の数字は「入厩何走目」を表わしています。

上の例では、入厩1走目(初戦)、放牧先が社台ファーム山元トレーニングセンター

を表わしています。

導入方法に関しては以上です。

利用方法

外厩情報の使い方どうすればいいの?という方にかんたんな例を示します。

例えば、池江泰寿厩舎の外厩成績を調べたい場合にどうするか

ということです。

まずは池江泰寿厩舎の2017年の成績を、「レース検索」から

調べます。すると以下のような画面になります。

null

次に「集計項目」で「コメント内文字列」「予想コメント」

を選択すると集計用の文字列がない場合、入力してくださいと、うながされます。

ここで、例えば「ノーザンファームしがらき」の成績を調べたい場合、

「ノーザンファームしがらき」と入力すると、以下のように

「ノーザンファームしがらき」が放牧先(外厩)の場合の成績が表示されます。

null
null

これは入厩後、すぐの場合も何戦か消化している場合でもすべて同じとみなして

カウントされます。

そこで、集計用の文字列で、正規表現を利用して、次の画像のように

すると、初戦とそれ以外が別に集計されます。

null

集計用の文字列(入力内容)
;@SD"ノーザンファームしがらき初戦","( 1)ノーザンファームしがらき"
;@SD"ノーザンファームしがらき2戦目以降","( [2-9])ノーザンファームしがらき|([1-9][0-9])ノーザンファームしがらき"

(改行なし。セミコロンから最後の"まで)

null

コメント